FC2ブログ
所属する十八銀行混声合唱団や合唱・コーラスの話、住んでいる長崎などあまり気張らずつづっていこうと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶にある中では最低だった加茂監督の時と同じ結果でした。

チャンスの作り方やボール支配やシュート数、ゴールキック数など勝ち切る力はあったと思います。

PKも枠内にいけば、運次第ですが、枠内にいけないのは力不足。

「勝ちに不思議の勝ち有り。負けに不思議の負け無し」

野村の名言じゃなく、江戸時代の剣の達人だった松浦静山の言葉。

これが実力なのでしょう。

日本代表の場合、力が試される本番が3つあると思います。

ワールドカップ本戦、ワールドカップ予選、そしてアジアカップ。

アギーレ監督自体は選手の発掘、交代などそんなに悪くはないかと思いますが、プロである以上負けた監督の更迭の話が出てくるのは当然、協会の幹部のすげ替えを必要かと思います。

まあ、次の監督を探すのはまた大事なんでしょうけどね。

それに新しい選手もいろいろ試していましたが、今のメンバーを超えるメンバーがいなかったのも事実。

協会、監督、選手・・・ちょっと八方ふさがりかな。

ワールドカップ予選迄には立て直しして欲しいですが。



・・・・・ダメダメというだけの記事は書きたくなかったのですが、これもプロの宿命と言うことで(^^;;


【2015/01/24 09:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック